相模原 ひだまりの会 Rotating Header Image

動物を考える市民の会ニュース [第4号]

動物を考える市民の会ニュース

第4号

2005年4月10日発行

発行者 市民の会事務局

【里親会】今夏で丸五年を迎えます。感謝を込め会よりご挨拶!

== これまで猫・犬逢わせて10頭が旅立つ ==

早いもので、この相模大野駅前会場で諸々の事情でホームレスとなった猫や犬たちの里親探しの活動を始めて、今年7月で丸5年を迎えました。

里子の数の推移

里子の数の推移

この会場で里親さんに出会い、新しい家族に加えてもらった猫や犬は610頭になりました。私たちの里親会活動が多くの人々に支えられ、ここまで続けられてきたことに感謝しております。
会場では、様々な人々との出会いがありました。「動物可の住宅に越してやっと念願の猫が飼える」と、ご夫婦で見にきてくださった方。「子猫や器量のいい子はもらい手が見つかるだろうから、私は一番残りそうな子をいただくわ」と言ってくださった方。「うちも拾った子を飼っていて、もうこれ以上は無理だから」「飼いたいけど賃貸住宅で無理だから、せめて餌代の足しに」とカンパに協力してくださった方など。その一方で「あんた達のような人間がいるからノラ猫が増えて困るんだ」と怒りをぶつけてきた方もおられました。そんな時「私たちは猫を増やそうとしているのではなく、一頭でも減らそうとプライベートな時間とお金を費やして努力しています」と説明してもなかなか分かってはもらえません。確かに周囲への気配りに欠けたり、不妊・去勢手術をしないで餌やりを続ける数が増えて近隣と軋轢(あつれき)を生じさせている場合があるのも事実です。私たちは里親探しと合わせ、不妊・去勢手術や飢えた猫に餌を与える善意の行動が裏目に出ないように機会ある度にアドバイスを行っています。
動物は、その飼い主によって一生の幸・不幸が決まってしまいます。しかし飼い主を選ぶことはできません。私たちは、唯ひとつの運命の出会いのために、猫たちと一緒に暑い日も寒い日も里親会場に立ってきました。610頭という数は大きな成果であり、支えていただいた皆さんと共に喜びたいと思います。しかしながら、生まれてきても人に愛されることもなく、飢えや病気・ケガで短い生涯を終える小さな命や疎まれ怯えながら生きている無数の存在に思いを寄せる時、手放しでは歓べない現実があります。
一人ひとりの力は小さくても、会場に集まる多くの人々の協力で、動物を取り巻く環境をより良い方向に進めて行くため、私たちはこれからも活動を続けていきます。今後とも皆さんの温かいご支援をお願いします。
T.K.

■里親さんからのお便りの第4弾をお届けします。昨年も心暖まるお便りが数多く寄せられてきましたが、紙面の関係から少ししか掲載できないのがとても残念です。■

N.Yさんからのお便り

マメ君

マメ君

マメがN家に来て半年が経ちます。来た時1.4㎏だった体重も3㎏となっただけでなく、目に日に態度も大きくなっています。
はじめの二週間は私の部屋のベットの下に隠れて出て来ず、近づいて頭をなでようとしょうものなら歯をむき出しに威嚇され、トイレはトイレではなくてマメ用に購入したベットの上でしてしまい困る毎日。しかし、一週間が過ぎ徐々に慣れてきたのかマメ自身の方から足元に寄ってくるようになり、今は逆にマメのやんちやぶりに手を焼いています。
先住猫のパールとも仲良く?している様子でパールのエサや寝床まで取っています。今ではパールより人に慣れて恐いもの知らずデス。ありがとうございました。

N.Rさんからのお便り

モモちゃんとタロ君

モモちゃんとタロ君

モモと夕日が我が家に来て早二ヵ月が経ちました。最初、犬のように「マテ」・「ヨシ」と声をかけてしまい当然間くわけもなくマイペースで戸惑うこともありましたが、夕日の人なつっこい性格に助けられて今では楽しい毎日を送っています。
ところで、私たちの姿が見えただけですぐ逃げ隠れしていたモモが二週間程前になりますが、私に近づいてきて体をすり寄せてきたのです。その時は驚きと嬉しさで感激してしまいました。そっと撫でてあげると、ゴロゴロと喉を鳴らして何度も何度も体をすり寄せてきてモモも本当は甘えたいんだなって思いました。生まれ育った環境のせいで威嚇し、人を怖がらなければ生きていけなかったのかと思うとモモが本当にかわいそうです。
モモのことでは、家族みんなから返した方がいいよといつもいわれ、でも私の中ではもう手放せないと思って長い目で接していくつもりでいましたが、こんなにも早く慣れてくれるとは思ってもいませんでした。モモの愛らしさと夕日の人なつっこさに今は癒される毎日を送っています。

O.Sさんからのお便り

ジャック君

ジャック君

ジャックが我が家にやって来てからもうすぐ1カ月。今ではすっかり私達夫婦の大切な子供になりました。育ち盛りの今は食欲旺盛でMさんから頂いたマルちゃんと一緒に運動会の毎日です。いたずらっ子で甘え上手で私達の膝の上に乗ってきては人一倍大きくノドを鳴らし、気持ち良さそうに眠る姿。この子達を見ていると心が温かくなります。
日に日に成長していく姿にたくましささえ感じます。二人だけの生活が一気に明るくなり毎日が猫中心の生活でとても楽しいです。いつか動物を飼いたいと思っていた矢先でのジャックとマルちゃんとの出会いでした。ジャックもマルちゃんも賢くて良い子です。私達の食事中も食物に手を出さず、机の下でじっと待つことを覚えたny、日中は二匹で仲良く寝ています。ステキな宝物をありがとうございました。

F.Iさんからのお便り

ノア君

ノア君

今年は猫も増えたこともあり、健康診断などの物事で忙しく、先週は家を空けることがほとんどでした。
ノアはとてもいい子で友達や子供達に大人気です。家のカウンターでお茶をしていると向かいの椅子にノアが座り毎日お話するのが日課になっています。可愛くて愛をしくてたまりません。

【ボランティアさん募集中!】

●猫の一時預かりや里親会場でのお手伝いなど可能な方、ご連絡を!

コメントを残す