相模原 ひだまりの会 Rotating Header Image

動物を考える市民の会ニュース[第2号]

動物を考える市民の会ニュース

第2号

2002年10月1日発行

発行者 市民の会事務局

■248頭が里親さんのもとヘ!

==136頭に治療・不妊手術・ワクチンを!==

今年も、弱い立場の動物が虐待される事件の報道が相次ぎ、多くの人が憤りとやりきれない思いを抱いたに違いありません。虐待行為は、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金です。今、人間が壊れていく音が聞こえてきます。
相模大野駅頭ではじめた「市民の会」の里親会活動は、この夏で二年が経過しました。
この一年間で里親さんに名乗りをあげた人が前年の二倍にもなりました。おかげで248頭もの成猫・子猫が安心して暮らせるようになりました。
この成果は、毎週2回、年100回を上回る精力的な行動と市民のみなさんの物心両面の支援があったからにほかなりません。
「市民の会」は、捨てられて傷ついた動物の治療と不妊手術も行っています。年間、かなりの金額が必要となりますが、みなさんのカンパで随分と会員個人の負担が軽減されるようになりました。

○動物を捨てたりはしないで!

昨年、年も押しせまつたコー月末、相模原のある墓地に成猫17頭も捨てられる事件が発生しました。
寒空のなかで雨つゆをしのぐ建物もないところに放置されていたため、かなりの猫が病気にかかったりしていました。このため、会員が手分けして捕獲と一時預かりの場所探しや入院させて治療するために飛び回ることになりました。
理由があったにせよひどい話しです。相手が人間だったなら、そうはしないでしょう。
捨て去る行為は、虐待同様に犯罪で、30万円以下の罰金です。

【寄稿】ボランティアに参加して!

私は、今まで何度か里親会の犬・猫たちを見かけていました。でも、なかなか声をかけられず、その場を通り過ぎていました。
去年コー月一五日初めてボランティアに参加させていただきました。子猫から歳のとった猫と幅広くたくさんの猫がいました。それぞれみんな身勝手な人間たちに傷つけられて心や体に深いキズをおった猫ぱかりでした。
私は、自分が身勝手な人間たちの仲間かと思うと、悔やんでも悔やみきれず、悲しんでも悲しみきれず、胸がつまる想いでいっぱいです。
人間だけじゃなく、犬・猫にも感情や痛みがわかるんです。強い者が弱い者をいじめるよくあることですが、強い者は本当に強いのでしょうか。本当に弱いのは、どちらなのでしょう。
将来、私の夢は老人の家を訪ねたり、老人ホームで世話をしたりと福祉の方へ進みたいんです。
まだ子供の私が生意気かと思いますが、今の社会に納得のいかないことが多すぎます。
大人たちを見ていても私は絶対こうはなりたくないと思うような人がたくさんいます。
この先、私の書いたコレを読んでくださった方々は、自分たちのあやまちで、罪のないたくさんの命がムダに失われているのを忘れないでほしい。もし、まちがったことをして気がついたなら今からでも真剣に考えて変わってください。
これからも自分の空いてる日を使ってボランティアに参加したいと思っています。
大野南中学   A・M子

■里親さんから多くのお便りが届いています。家族の一員として幸せに暮らしている様子が文面と同封の写真から知ることができます。今回も一部に過ぎませんが紹介することにします。

里親さん便りのコーナー

里親さん便りのコーナー

S.Hさんからのお便り

各地で梅まつりが催され、少しづつ春が近づいてきています。お元気でお過ごしでしょうか。

ココアちゃん

ココアちゃん

資料を送っていただき、ありがとうございました。ココアがどんな生活を送ってきたのかよくわかりました。皆様の地道な活動のおかげで今ここに家族として一緒に暮らせることを心から喜び、感謝しています。
ココアのその後を親バカも含めてお知らせします。もうかなりの甘えっ子で絶えずスリ寄ってきたり、膝の上でお昼寝したりという状態で、またよくお話します。遊びも盛んでニャニャツと言いながら獲物を狙い、カワイさ倍増です。来客があっても逃げなくなりました。お腹の毛もだいぶ生えてきました。写真をご覧ください。このような感じで幸せに暮らしています。

O.Kさんからのお便り

ピーター君

ピーター君

新緑の美しい季節になりました。ごぶさたしておりますがいかがお過ごしでいらっしやいますか。
こちらもピーターと共に楽しく暮らしております。最近、写真を撮ることも殆どなくなっていましたが、ピーターのおかげでまたカメラをひっぱり出しました。春になりヤモリが出て来たり、蝶々や鳥などもピーターを喜ばせています。沢山遊んで良く食べ、良く寝る健康優良児です。
写真数枚同封致します。

A.Kさんからのお便り

先日は、お手紙と写真、本当にありがとうございました。
初めてキュウスケと出会った私達の嬉しそうなこと…。キュウスケが寒々としたところで生きていたかということがわかりました。まだあのOOOOではネコちゃん達が捨てられてしまっているとのこと、心が痛みます。

キュウスケ君

キュウスケ君

キュウスケは体も1.5倍くらい大きくなり、イタズラは10倍?とても元気にしています。淋しいところに捨てられていたとはいえ、素直な人なつっこい子で、猫とは思えない面白い子でもあり、投げたおもちゃをくわえて取って来る。それを遊んでほしい人の手に乗せるという得意ワザも持っています。
夜は必ず私達のまん中で枕を使って寝てしまうので、踏みつぶさないかと心配になります。本当にキュウスケを責任を持って可愛がりぬいていきます。

クリックすると大きくなるよ

コメントを残す