相模原 ひだまりの会 Rotating Header Image

9月の会場便り

里親さん決定❗
みんな幸せになるんだよ🎵

7〜8月は猛暑のため、会場を休む日も多く、譲渡は足踏み状態でしたが、9月に入り、春生まれの子猫8匹に新しい家族が出来ました。

以下紹介します。

キジトラの男の子とグレー白の女の子はこはくくんと小梅ちゃんになりました。
こはくくんは崩壊予備軍からの保護で、小梅ちゃんは住宅地のノラのお母さんから生まれました。
まだまだ警戒心強めですが、気長にみて下さるそうで、とてもありがたいです。

小梅ちゃんと兄妹の2匹の男の子はゆったりと落ち着ける環境で、武将のような名前をつけて貰いました。

次は茶白の男の子と三毛の女の子の兄妹です。
こちらは行政が介入した崩壊現場からの保護です。
劣悪な環境で産まれたけれど、運の強い子猫たちです。たくさん食べて屈託なく遊びます。

二世帯5人のご家族に可愛がられ、毎日追いかけっこして楽しく暮らしています。

最後はさびちゃの女の子と白きじの男の子のペアです。
保護当時、既にノラとしての気質を持ち、警戒心強めのさびちゃんのバディに選ばれたのはミルク育ちの白きじくんです

選んでくれたのは18年前にこの会場から2匹のネコを家族に迎えて、看取ってくれた方でした。
こんな風にリピーターが多いのも当会の特徴です

ひだまりの会では、次のような理由から子猫は2匹ペアで飼うことをお勧めしています。
① 遊び相手がいることで心身の発達を促し、社会性が身に付きます。
② 遊び攻撃を減らす事ができます。
③ 新たな環境に迎え入れられた時、2匹だと不安が軽減され、通過儀礼の夜泣きが減ります。
④ 将来2匹目のネコを迎える際の相性について悩まなくてもすみます(最初から相性の良い2匹なので)

最近、里親様にもこの事はかなり理解されるようになってきていますが、初めてだから先ずは一匹…
という方もいらっしゃいます。
しかし、迎えて見ると2匹で遊ぶ姿が可愛らしく、2匹にして良かった!と仰います。
規約等で1匹しか飼えない方は別として、初めて飼う方こそ2匹飼いをお勧めします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください